まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

クローズアップレンズを使ったマクロ撮影で、世界を手軽に切り取る

IMGP2857

こんにちは、maru-shikakuです。

これから冬が近づいて、撮影に行こうにも寒すぎて外に出るのが億劫なこと、ありますよね。じゃあ、家の中で写真を撮ろうとすると、一通り周囲を撮った後は接写したくなります。でも、マクロレンズは用途が限られていて、そのためにお金を出すのはちょっと……。他の気になっているレンズを優先して、いつまでたっても買えない人。

 

それは私です。タムロン 90mm F2.8 macro、通称タムキューなんて、

※こちらはキヤノン

3万円以内に収まるのでいつでも買える! そう思ってはや1年。クローズアップレンズを買ってからはもうマクロレンズは半分諦めました。

臨時収入があったら考えるかも……。

 

愛用のケンコー ACクローズアップレンズNo.5

closeup lense No.5

Kenko レンズフィルター AC クローズアップレンズ No.5 49mm 近接撮影用 349069

Kenko レンズフィルター AC クローズアップレンズ No.5 49mm 近接撮影用 349069

 

こいつをレンズの前玉に取り付ければマクロ撮影可能。

数千円と、とにかく安上がりです。

 

クローズアップレンズにも種類があります。一般的なマクロの倍率まで拡大されるのがNo.5。レンズを1枚または2枚以上前に重ねるので、当然画質は多少落ちます。それでも、このACタイプは劣化が少ないと言われています。

※レンズに合ったフィルター径を使おう。

 

写りへの影響が嫌なら接写リング。

※これもキヤノン用 

まあ、ここまで出すならタムキュー買いますね。

 

作例(撮りためてたもの。だいたい花)

IMGP3405

マクロ撮るならやっぱり花ですよね。上はつぼみのせん毛が綺麗だったのでそこを意識しました。そしたら花はピンぼけ。

 

マクロは通常より大きくボケるので、ピント合わせがシビアです。

 

裏を返せば綺麗なボケができる。

IMGP2857

TOP画像でも載せましたが、うまくボケを使って、花の柔らかさを表現できました。

 

また、接写できる分、手ブレが発生しやすいので、三脚を使うのがベター。

SLIK 三脚 スプリント MINI II CG N 4段 旅行用三脚 106563

SLIK 三脚 スプリント MINI II CG N 4段 旅行用三脚 106563

 

普通のデジカメなら安いのでもなんでもいいのですが、一眼レフだと耐荷重が低いものは自重でレンズが垂れちゃいます。

レンズ合わせて1.5kgぐらいまでなら若干最大高さが低いですが、これがコスパ高い。星撮りにもバッチリ使えます。

 

話を戻して、

IMGP3273

トリミングして拡大した写真です。バラの複雑な構造が面白いですね!

 

IMGP2924IMGP2934

花瓶の左右を別々に撮ったものを並べてみました。

 

IMGP2941

IMGP2948

花瓶の中って、花とはまた違った美しさがあります。きっと全国にいる花瓶の中マニアが喜ぶ写真でしょう。

 

IMGP4753

こいつにもっと寄ってみると、

IMGP4763

植物と文字の組み合わせにハッとしてパシャ!

 

IMGP4630

夏にベランダ菜園で採れたミニトマト。 

 

DSC00131

葉山の有名なプリン屋マーロウのカップ。ハードボイルド感あります。

 

kirin ichibanshibori2

昨日撮ったビールの写真。泡がいい感じに上へ上へ。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

マクロは楽しい!

ずーっと同じものを撮っちゃったりします。それが自前のレンズ+たった数千円でできちゃう手軽さのクローズアップレンズ。オススメです。

 

マクロ撮影、気がつくと1時間。

以上、今日のこだわりでした。