まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

HIS ハワイ島 1日オプショナルツアーはリピート必須

IMGP1462

こんにちは、maru-shikakuです。

 

ハワイ行くなら、もはやハワイ島は外せないという話。

 

 

昨年2017年の2月初めのことですが、新婚旅行でハワイのハワイ島オアフ島に行ってきました。

ワイキキのあるオアフ島はもちろん有名ですが、最近ハワイ島も徐々に人気が上がってます。

 

なぜか?

  • 2016年12月 羽田↔︎コナ(ハワイ島)直行便開設 (ANA)
  • 2017年9月 成田↔︎コナ直行便開設 (JAL)

このように、ハワイ島への直行便ができたのが大きいでしょう。私もANAの直行便を利用しました。

 

直行便ができるほどの人気の原因は?

 

大自然があるのです。

 

オススメする方はハワイ的じゃない人

ハワイ憧れるけど、浜辺でキャッキャッウフフする性格じゃないしなー。ハワイのイメージと正反対だと思ってる。

 

私です。嫁さんもそうですね。ハワイ的じゃない人。

 

色白いし、インドア寄り。

最近は写真趣味で外に出るようになりましたが

どっちかというと海より山派。

 

そんな私たちでも楽しめたのが、ハワイ島

そのワイ島の主要観光名所を1日で回るツアーがHISにあります!

 

ダイナミック・アイランド・アドベンチャー キラウエア火山とマウナケア山頂星空ツアー

ツアー料金:US$310.00 (約35,260円)
※日本円換算は2018/1/29の情報

  

今回はその時の様子をレポートします。

 

行ってきたスポット

コナ コーヒー ミュージアム 

f:id:maru-shikaku:20180129105604j:plain

時差ボケが治らぬまま早朝お出かけ準備して、7時頃に出発。 

HIS提携のホテルならフロントまで車で迎えてくれます。

 

「この辺の別荘、5000万から1億円で買えちゃうよ」

「毎日お隣さんから大量にマンゴーもらえる」

とか、ツアー主催のおじさんの軽快なハワイ島住民トークが始まります。それを寝ぼけまなこで聞いているうちに、コナ コーヒー ミュージアムに到着。

 

上の画像のでっかい家?じゃなく、奥の建物で目覚めのコナ コーヒーを頂けます。

 

プナルウ黒砂海岸

IMGP1622

ワイ島の南に位置するプナルウ黒砂海岸では、運が良ければ野生のウミガメに出会えます。私たちも発見。上の写真の真ん中あたり、

 

IMGP1622-2

トリミング

2匹のウミガメが出現しました!ハワイではホヌ(Honu)と呼びます。

ウミガメを見るとふれあいたくなりますが、ハワイ州の法律でウミガメに触ることは禁じられているので気を付けましょう。

 

IMGP1604

ここハワイ島では、白いビーチはほとんどありません。上のように黒い砂が多いです。砂は何でできているか。

溶岩なんです。 

マウナロアとキラウエアという2つの活火山を抱えるこの島は溶岩だらけで、現在も成長中というから驚きですね。

 

IMGP1418

ツアー前日、コナ空港からホテルへの車中はこんな光景がずっと、でしたし。

 

IMGP1633

料理の写真撮り忘れた^^;

その後、ハンバーガーでお腹を満たしてからの、

 

キラウエア火山 溶岩ウォーク

IMGP1662

溶岩で固まった、だだっ広い大地を散歩するというもの。

 

IMGP1663

不思議な花

 

IMG_0697

あそこに穴が!

 

ちょっと待って

記事を書き進めて気づいちゃったことが一点。

 

本人たちはめちゃくちゃ楽しんでるのですが、マウナケア山にたどり着くまで、

絵は地味です。超地味です。

溶岩ウォークに至っては、見ての通り、灰色一色だしね。

インスタ映えはしません。

そこばっかりはオアフ島に敵わんです。

ですが、いいんですよ。のんびりした雰囲気。写真では伝えきれない高揚感。私たち夫婦は都会より田舎が好きですので。

 

そしてガイドさんのトークが和やかでいい。それで十分。

 

溶岩洞窟

IMGP1646

これも行ってみりゃ普通の洞窟なんですけども、なんとなくカッコよさげに撮ってみました。

 

ハレマウマウ火口展望台

IMGP1705-Pano

lightroom パノラマ結合した写真

もっと火口から溶岩ブシャーを想像してたのですが、この日は活発でなく。

ただ、双眼鏡をのぞくと、溶岩がかろうじてチロチロ出てるのが確認できます。

 

ビックアイランドキャンディーズ

IMGP1725

クッキーは英語でキャンディーとも言うそうです。肝心のクッキー写真を撮り忘れた。

パッケージもかわいいものばかりだったのですが、これも写真なし。

 

マウナケアへの道中に立ち寄るクッキー工場で、お土産が買えます。試食するとおいしい。オアフ島のクッキーもいいですが、正直日本でも買えるものが多い

ハワイアンホーストなんて、生協にありますからね。

 

ビックアイランドキャンディーはハワイ島でしか買えませんので、ここでお土産を一通り買っとくのは全然ありです!

 

いよいよマウナケアへ

IMGP1732

さて。ハワイ島の目玉、マウナケア山。標高4207mと富士山より高い山です。

それでも、なだらかなおかげで車で山頂まで登れます。

車で富士山以上の山の山頂まで行けるとは。

楽に絶景が拝める数少ない場所ですよ。

 

オニズカ ビジター センター 

IMGP1756

一気に登ると体への負担が大きいので、中腹で一休み&夕飯のお弁当

 

高いところは雲が近い!

IMGP1754

標高が高いせいで、雲の影ができてます。

 

山道はガッタガタ

山頂近くになると、道がガッタガタすんごい揺れますので、一応、酔い止め薬を持参しといてください。

 

山頂に着いた!

IMGP1779

マウナケアはハワイ語で白い山。その意味通り、冬季の山頂は雪が積もってます。そして、すばる展望台のすがたが!

 

IMGP1780

 

雲海とサンセットですよ

IMGP1822

IMGP1818

このツアーの醍醐味!雲海とサンセットですよ。

2017年のベストショット記事でも載せましたが、ハワイに来て一番よかったと思えた瞬間です!

 

maru-shikaku.hatenablog.com

 

IMGP1817

すばる展望台もカッコいいですな。

しかし寒い。冬のハワイは日本の5月みたいな気温で暖かいのですが、マウナケア山頂は当然マイナス。

でも安心です。ダウンコートを渡されるので。

 

星空観測はあいにくの曇り

IMGP1853

このツアーの目玉のもう一つ、マウナケア山中腹からの星空観測はあいにくの曇りで、天の川が見られず残念。けれど、ガイドさんがレーザーポイントを空に指して、星座の解説をしてくれます。おもしろ解説は満足すること間違いなし!

 

これにてキラウエア火山とマウナケア山頂星空ツアーはおしまい。

だけどもうちっとだけ続くんじゃ。

 

おまけ

ホテル ヒルトン・ワイコロア・ビレッジは異次元の広さ

IMGP1437

ツアーには関係ないですが、ハワイ島で泊まったホテルのちょっとした紹介を。

上の写真、実はホテルの敷地内なんです!

 

IMGP1448

これも敷地内!

 

IMGP1434

IMGP1435

広すぎてトラムが走ってます。

 

IMGP1456

イルカも普通に泳いでます。

 

IMGP1462

IMGP1496

ホテル内で1日過ごせちゃうくらい。プールで泳いで、疲れたら寝そべって、夕方にサンセットを見ながらレストランでディナーという過ごし方もいいですね。オアフ島に比べて人が少ないし、十分可能です。もう少し歳を重ねたらハワイ島でのんびりしたい!

 

最後に

いかがでしたか?

ツアー最高!ホテル最高!

なハワイ島インスタ映えは劣るものの、この後行ったオアフ島より満足度は高かったです。同じツアーで、もう一度行きたいですね。

 

後日、オアフで過ごした様子もレポートしますのでお楽しみに!