まあるい頭をしかくくするブログ

まあるい頭をしかくくするブログ

カメラを中心とした、生活に”こだわり”を見つけ出すブログです。

三島スカイウォークでランチ〜富士山が見える大吊橋

DSC03364

こんにちは、maru-shikakuです。

 

嫁さんが「深海生物をみたい!」と言い出しましたので調べてみると、静岡県の沼津に深海水族館があり行ってみることに。

 

沼津といえば海鮮丼が有名です。昼食で頂こうとご飯を我慢していたのですが、2人ともどうしてもお腹が空いてしまいました。

そこで道中、三島市の三島スカイウォークに寄り道し、腹ごしらえしたのです。

 

ここは絶景スポット!ポイントをまとめると、

  • 全長400mの日本一長い吊り橋。晴れた日は富士山を拝める。
  • 2015年にできてまだ3年目。施設が新しい。
  • ご飯ものや濃厚ソフトクリームも美味しい。
  • お土産屋多数。
  • バラの天井がきれい。

 

富士山だけでなくバラも見事で、箱根旅行の行き帰りとかで、お昼に立ち寄るにはちょうどいい観光スポットです。ご飯食べて、吊橋を渡って、お土産屋見て、だと2, 3時間かかったと思います。

 

というのも、先日は上で書いた通り沼津に行きたかったので、吊り橋横断はやめときました。実はここに来たのは2回目。昨年は渡ってます。

渡らなくても、とにかくキレイな施設でトイレも超立派!それだけで行きたくなるんですよね

 

今回はカメラ話は置いといて、完全に観光目線で昨年と今年の写真を交えて、三島スカイウォークをレポートします。

 

 

概要

料金:大人1,000円 中高生500円 小学生200円※幼児は無料

営業時間:9:00-17:00 年中無休

駐車場:無料(普通車400台 大型車28台) 

アクセス:

・車で

東名高速道路 厚木I.C.より 約60分

東名高速道路 沼津I.C.より 約15分

・電車で

JR三島駅よりバスで約25分

出典:http://mishima-skywalk.jp(以下引用は全て公式HPから)

 

まずはランチ。森のキッチンへ

DSC03355

店内から

今が旬のいちごのパンケーキにすんごい惹かれたのですが、腹が減っては観光できぬ。ということでしっかりお昼ご飯を食べることに。

 

こちらはカレーが売りです。

嫁さんが頼んだのが富士山麓豚カレー、私は期間限定の鶏肉チーズカレー。

DSC03352

カレーは甘口・辛口から選べます。中辛はありません。白か黒か。中間はない。人生哲学を感じます。

 

これは三島市民、静岡県民の性格を表しているのでしょうか。

 

ごちゃごちゃ書きましたが、味は美味しい!肉はホロホロと柔らかく、ルーもいい。カフェの本格派カレーといった感じですね。

 

IMG_0743

店内はご覧の通りオシャレ。それだけでも入って損はありません。

 

隣のSKYWALK COFFEEでは、富士山麓牧場の生乳を使用した濃厚ソフトクリームが味わえます。去年食べたけどこれまた美味しい!しっかり濃いい。濃いではなく濃いい。

 

いざ大吊橋へ

DSC03364

晴れた冬はブルーが美しい。向こうに見えるのが芦ノ湖です。

 

料金が高い訳

さて、ここから先は大人1,000円かかります。今回は渡りませんでしたが、時間がないのと、値段、高いですよね

 

その訳は公式HPにありました。

静岡県三島に本社を構える「株式会社フジコー」が地域活性化の一翼を担いたいという想いで吊橋の計画を始めましたが、民間企業がこの規模の吊橋をつくるという前例は今までになく、誕生までに様々な苦労がありました。

 

‘‘吊橋”というと行政や自治体がつくっているのではないかというお声をいただきますが、実は、計画から設計・施工、運営まで全てを民間資本で行っています。

なるほどそりゃ高いはずです。おかげでこんなにキレイで立派な吊橋ができたのだから文句は言えません。

しかし民間がこれを作るなんて情熱溢れますね。なるほど、静岡県民は情熱的で竹を割ったような性格なのか。

 

高いけれども迫力は満点なので、立ち寄ったなら1回は渡ってみるべきですよ。

 

吊橋写真集(昨年の撮影から)

IMGP3451

昨年の3月に行ってきた時は富士山がこんな感じに見えました♪

夕暮れに行けばすんごいロマンチックそうですよね。

 

IMG_0742

長い長ーい吊橋が果てしない。私、少々高所恐怖症なので、渡ってる最中ずっとへっぴり腰でした。それをまた嫁さんが面白がってジャンプで揺らすから。その意味でもしばらく渡りたくありません。

 

IMGP3485

まあ、心配しなくてもアンカーはこんな風にしっかりしているので。

なんだか戦車みたいですね。

 

IMGP3486

渡った先は出店が充実しております。それよりこのラインいいなあ。

 

展望デッキ

やる気のないflower drop売りのおじさん

出店の奥の森の中に、間伐材を加工して作られたキャラクターKicoroが飾られてます。進んでいくと、展望デッキへ。

IMGP3477

IMGP3475

このデッキではflower dropという品物が売られてます。

間伐材に花の種を貼り付けた木製チャームは、北エリアの専用ワゴンで販売。願いを込めて橋の上から蒔けば、きっと希望の花が咲きます。

flower drop売りのおじさんは一応フォローしとくと、普段はやる気に満ち溢れているのでしょうが、私たちが去年行った時は春の陽気のせいだったんでしょうね。すんごい暇そう気だるそう。うん、春の陽気のせいだったんだ。 

 

「別に無理して買わなくていいよ」と売り物を勧めることもなく、ただくっちゃべって記念写真まで撮って頂いて、なんだか申し訳無かったなあ。

 

スカイガーデンのバラがきれい

IMGP3496

IMG_0744

去年の春に撮影

DSC03380

今年の冬、今回撮影した写真では時期が早く、バラがもう少しでした。あと1,2ヶ月もすれば、去年並みになるはずです。

それでもバラがとっても綺麗で冬はなかなか見られないので、バラを見るだけでも三島スカイウォークを訪れる価値はありますね。

 

ここスカイガーデンはお土産どころが集まった建物で、軽食もあるそうです。お土産は品数が多く、見るだけで30分以上かかるかもしれません。今回私は富士山麓ビールを買いました。

 

最後に

いかがでしたか?

三島スカイウォークは箱根・伊豆観光に行くなら、ぜひ寄って欲しいところです。晴れてなくても、冒頭書いた通り、とにかくキレイな施設でバラが素敵なお土産どころだと考えれば、いつ行っても大丈夫じゃないかなと思いますね。

 

この後向かった沼津の深海水族館については、また後で記事にしますのでお楽しみに!